老人性 うつ病とは
うつ病チェック
スポンサードサーチ


サブメニュー
お勧めリンク
■老人性うつ病の症状チェック

老人性うつ病で見られる症状は、単なる老化による体の現象や他の病気に伴って現れる症状と同じ場合が多く、とても発見が難しいです。

老人性うつ病を引き起こす原因としては、配偶者や仲のよい友人が亡くなってしまったとかでいなかったり、慢性病気による痛みや体の不調、足腰が弱ることによる動きにくさ、物忘れによるイライラ、家から老人ホームへの引っ越したことによる環境とそれに対応で気ない自分へのストレス、家族内での立場の変化などが挙げられます。

あと、お年寄りの場合は痴呆と間違えられることも多く、適切な治療ができないまま病気がどんどん進行していくケースが少なくありません。

次に紹介する症状は老人性うつ病によく見られる症状です。あてはまることがあったらぜひ専門医の診断を受けてください。病院に行ってみて「何ともない」と言われたら、それでいいじゃないですか。もしうつ病だった場合も、適切な処置をすればこの病気は確実に治ります。また、他の病気であっても早期発見につながります。とにかく気になることがあったら一人で悩まずに専門家に相談しましょう。

  1. 憂鬱な気分になったりイライラしたりする
  2. 何に対しても興味が持てない。楽しめない。
  3. むやみに興奮したり、腹が立ったりする。
  4. 食欲がない、または逆に過食。
  5. 意図していないのに体重が減ったり増えたりした
  6. 夜に眠れず、日中に眠い
  7. いつも疲れている感じがする
  8. 自分なんて価値がない、と思う
  9. ひどい物忘れ
  10. 異常にも思えるほどの罪の意識や死に対する思いがある
  11. 自殺を考えるまたは実際に自殺を図ったことがある

Copyrightc 2008 utu-chiryo.org