老人性 うつ病とは
うつ病チェック
スポンサードサーチ


サブメニュー
お勧めリンク
■老人性うつ病治療の病院選び

うつ病で病院にかかるときは精神科か心療内科が担当の科になります。これら2つの科にはどのような違いがあるのでしょうか。

症状別に分類すると、精神科あるいは神経科は不安やイライラなど、心の症状を扱います。例で言うと「新居に移って環境になじめないストレスで寝付けなくなって食欲も落ちた」などです。一方、心療内科はストレスが原因で具体的な身体の病気(胃潰瘍や喘息など)が現れる症状を扱います。こちらも例を挙げると「会社のプレゼンなどの重要な日の前日や当日には必ず気管支喘息の発作が起きてしまう」などです。

ですが、それほど厳密に区別があるわけではありません。「精神科」という言葉のイメージが悪く、患者が行きにくいということを考慮して「心療内科」という名称を掲げたり、ストレス性の病気を得意とする内科の医師が「心療内科」の看板を掲げたりすることもあるようです。

うつ病の場合、不眠も食欲減退も、実際の体の病的症状も、全てが同時に起こることもあり、どちらに行かなければいけないということは特にありません。特にお年寄りにとって、「精神科」というのはかなり悪いイメージがあり、そこへ連れて行かれるとなると強く拒絶することもあります。大切なのは、心から安心して自分の気持ちを話せ、それを親身になって聞いてくれて、適切な処置をしてくれる医師(病院)を見つけることが何より重要です。

病院探しで、大学病院などの大病院にするか、それとも近くの町医者的な小さな病院にするかは悩む点ですよね。大きな病院だと、専門的知識を持った有能な医師がいますが、学会による欠勤や本部の命令による転勤がけっこう頻繁にあるので、せっかくいいと思った主治医が変わることがあるのが難点です。小さな病院の場合は、医師はいつも同じですが、意思の疎通がうまくいかなかったり、医師自体がハズレ(いわゆるヤブ医者)だったりすると、不本意な治療を延々と受けたり、無駄な薬を処方されたりすることがあります。

病院探しはとても難しいですが、治療のためなのでこれは頑張って探さないといけません。自分(あるいは家族の患者)にピッタリの病院に出会うためには、いくつかの病院の診断を受けてみることをおすすめします。そのたびに初診料がかかってしまいますが、やはりこればっかりは実際に医師と向かい合って確かめるしかないです。本当にうつ病なのか、という「セカンドオピニオン」の役割も果たしますので、病院は最低でも2つは行ってみてください。

Copyrightc 2008 utu-chiryo.org