老人性 うつ病とは
うつ病チェック
スポンサードサーチ


サブメニュー
お勧めリンク
■老人性うつ病という病気

年をとると思うような事ができなくなったり、お友達が亡くなったりして寂しいことも多くなります。それらのことが引き金となって老人性うつ病にかかり、苦しんでいる人が少なくありません。

加齢により体の機能が低下して足腰が痛くなったり、お腹の調子が良くなかったり、物忘れが激しくなったり…などの症状が現れます。それらの症状は単なる老化現象と思われて「年だからよ〜」と軽視されがちですが、老人性うつ病が原因になっていることも、実はかなり多いのです。

足腰が弱ると外出もあまりしたくなくなります。そして外からの新しい刺激がなくなって憂鬱な気分になることからうつ病になってしまうことがあります。体の異変の一部は単なる老化かもしれませんが、他は老人性うつ病による症状であることもあります。素人目には単なる老化なのか、それともうつ病なのか、
の区別はなかなか難しいので、いつもと違う様子が見て取れたら、早めに専門医を受信したほうがいいでしょう。

老人性うつ病にならないためにはどうすればよいのか。それは、新しいことにチャレンジしようという気持ちを常に持つこと、若い人と積極的に話す機会を持つこと、自然とともに過ごす時間を持つこと、体の老化に負けずに適度な運動をし、変化のある生活を心がけること、などが挙げられます。本人の気持ちはもちろんですが、周りの人達が盛り上げてあげることも大切です。

Copyrightc 2008 utu-chiryo.org